コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立標 リッピョウ

デジタル大辞泉の解説

りっ‐ぴょう〔‐ペウ〕【立標】

航路標識の一。暗礁・浅瀬・露岩などの危険な場所に立てる警戒標識

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りっぴょう【立標】

航路標識の一。岩礁や浅瀬に設置してその存在を示し、危険を防止する役を果たす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の立標の言及

【航路標識】より

灯台(2)昼標 点灯装置がなく,形象,彩色により昼間の目標となる標識。暗礁や露岩上に設置される立標のほか,浮標,導標などがあり,それぞれの目的は灯標,灯浮標,導灯などの夜標とほぼ同じである。(3)霧信号所 霧,雪その他視界不良のとき音響で信号所の位置を知らせ,付近を航行する船に警告するもの。…

※「立標」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立標の関連情報