コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立標 リッピョウ

大辞林 第三版の解説

りっぴょう【立標】

航路標識の一。岩礁や浅瀬に設置してその存在を示し、危険を防止する役を果たす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の立標の言及

【航路標識】より

灯台(2)昼標 点灯装置がなく,形象,彩色により昼間の目標となる標識。暗礁や露岩上に設置される立標のほか,浮標,導標などがあり,それぞれの目的は灯標,灯浮標,導灯などの夜標とほぼ同じである。(3)霧信号所 霧,雪その他視界不良のとき音響で信号所の位置を知らせ,付近を航行する船に警告するもの。…

※「立標」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立標の関連キーワードフィリップス(William D. Phillips)コーネル(Eric A. Cornell)ホール(John L. Hall)ウィリアム・W. コブレンツハロルド・D. バブコックウィリアム フィリップスジョン・ワーナー カーンクロード コーエンタヌジウルフガング ケターレテオドール ヘンシュエリック コーネルRijndaelロイ グラウバーカール ワイマン2010年問題OpenSSLジョン ホール量子ゼノン効果低延焼性たばこホフスタッター

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android