暗礁(読み)あんしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「暗礁」の解説

暗礁
あんしょう

つねに海面下にある周囲より突出した礁(がんしょう)またはサンゴ礁で、船の航行に危険な程度に浅い水深を有する地形。より正確には、低潮面下にあるものをいい、暗岩ともいう。これに対して、低潮面と高潮面の間にあるものを干出岩(かんしゅつがん)、干出、高潮面上にあるものを顕岩(けんがん)、顕礁という。暗礁のある位置は、海の色が異なっていたり、砕け波がみられることによって知ることができる。暗礁の多い場所は、岩石海岸の海食地形の発達する海域やサンゴ礁海岸の環礁(かんしょう)、裾礁(きょしょう)、卓礁(たくしょう)の発達する付近の浅海域である。これらの暗礁の多い海域では、航海に際して、海図の水深分布や岩礁の記号に注意するとともに、種々の危険防止策を講じる必要がある。

[豊島吉則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「暗礁」の解説

あん‐しょう ‥セウ【暗礁】

〘名〙 海面の下に隠れて見えない岩。隠れ岩
※江戸繁昌記(1832‐36)三「且つ富津の暗礁、剣を樹へ穽を設く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「暗礁」の解説

あん‐しょう〔‐セウ〕【暗礁】

水面下に隠れていて見えない岩や珊瑚礁(さんごしょう)。隠れ岩。
急に遭遇した困難。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「暗礁」の解説

暗礁
あんしょう
sunken reef

海面上に頭の出ない海底のごく浅い高まり。岩石またはサンゴ礁から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の暗礁の言及

【礁】より

…通常20m以浅の場合に用いられる。岩礁,暗礁,暗岩のことである。とくに頂部がとがったものを尖礁という。…

※「暗礁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android