立腐(読み)たちぐされ

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐ぐされ【立腐】

〘名〙 立ったまま腐ること。その場で朽ちていくこと。特に、建物などが手入れをしないで荒れるにまかせてあること。たちぐさり。
※灰燼(1911‐12)〈森鴎外〉一「崖の上には立ち腐れになって、柱ばかり残ってゐる小家があって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android