小家(読み)コイエ

デジタル大辞泉の解説

こ‐いえ〔‐いへ〕【小家】

小さな。粗末な家。
「暑さを避け、山近き一―を借りて」〈独歩女難

しょう‐か〔セウ‐〕【小家】

小さい家。また、貧しい家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうか【小家】

小さな家。また、自分の家をへりくだっていう語。小屋しようおく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐いえ ‥いへ【小家】

〘名〙 小さい家。粗末な家。
※枕(10C終)二七八「こいへなどいふ物の多かりける所を」

こ‐え ‥へ【小家】

〘名〙 「こいえ(小家)」の変化した
※土左(935頃)承平五年一月一日「今日は都のみぞおもひやらるる。こへの門(かど)の端出之縄(しりくべなは)の鯔(なよし)の頭・柊ら、いかにぞ」

こんえ【小家】

〘名〙 (「こいえ(小家)」の変化した語か) 母屋(おもや)以外の小屋。納屋。

しょう‐か セウ‥【小家】

〘名〙 小さい家。こいえ。転じて、貧しい家。しょうけ。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四「速かに一小家を近傍に借り」 〔白居易‐塩商婦詩〕

しょう‐け セウ‥【小家】

〘名〙
① 小さな家。また、社会的地位が低く、富裕でない家。
今昔(1120頃か)四「小家には此の髪を不要(えう)せぬなめり」
徳島藩で、血縁、非血縁分家のことをいった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小家の言及

【朝鮮】より

…娘には分財しない。長男が後継ぎとなった家を〈大家〉(クンチプk’ǔn‐chip),そこから分かれた家を〈小家〉(チャグンチプchagǔn‐chip)と呼ぶ。 大小家関係が最も明らかに表れるのは,儒式にのっとって行われる祖先祭祀の面である。…

※「小家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android