小家(読み)コイエ

デジタル大辞泉の解説

こ‐いえ〔‐いへ〕【小家】

小さな。粗末な家。
「暑さを避け、山近き一―を借りて」〈独歩女難

しょう‐か〔セウ‐〕【小家】

小さい家。また、貧しい家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうか【小家】

小さな家。また、自分の家をへりくだっていう語。小屋しようおく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小家の言及

【朝鮮】より

…娘には分財しない。長男が後継ぎとなった家を〈大家〉(クンチプk’ǔn‐chip),そこから分かれた家を〈小家〉(チャグンチプchagǔn‐chip)と呼ぶ。 大小家関係が最も明らかに表れるのは,儒式にのっとって行われる祖先祭祀の面である。…

※「小家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android