コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰燼 カイジン

デジタル大辞泉の解説

かい‐じん〔クワイ‐〕【灰×燼】

《「かいしん」とも》や燃え殻。建物などが燃えて跡形もないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいじん【灰燼】

灰と燃えがら。
[句項目] 灰燼に帰す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

灰燼の関連キーワード嶄然として頭角を現す吹き回す・吹回す付け回る・付回る引っ切り無いオセット人延暦寺焼打自然と人生八尾[市]灰燼に帰す商務印書館玉清照応宮灰土に帰すハウサ諸国きっしり三田文学神色自若上司小剣回り遠い古簡集影灰になる

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灰燼の関連情報