灰燼(読み)かいじん

精選版 日本国語大辞典「灰燼」の解説

かい‐じん クヮイ‥【灰燼】

〘名〙 (古くは「かいしん」とも) 焼け尽きたと、燃えさし。もえがら。多く、建物などが焼け滅びて跡形もなく灰になってしまうさまをいう。
※方丈記(1212)「資財を取り出づるに及ばず、七珍万宝さながら灰となりにき」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「一宇も残らず灰燼(クヮイヂン)となりしかば」 〔曹冏‐六代論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「灰燼」の解説

【灰燼】かい(くわい)じん

燃え残り。燃えほろびる。・曹冏〔六代論〕は焚かれて燼と爲り、宮室は變じて(しんそう)と爲る。~悲しい夫(かな)。

字通「灰」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android