灰燼(読み)カイジン

デジタル大辞泉の解説

かい‐じん〔クワイ‐〕【灰×燼】

《「かいしん」とも》灰や燃え殻。建物などが燃えて跡形もないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐じん クヮイ‥【灰燼】

〘名〙 (古くは「かいしん」とも) 焼け尽きた灰と、燃えさし。もえがら。多く、建物などが焼け滅びて跡形もなく灰になってしまうさまをいう。
※方丈記(1212)「資財を取り出づるに及ばず、七珍万宝さながら灰となりにき」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「一宇も残らず灰燼(クヮイヂン)となりしかば」 〔曹冏‐六代論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灰燼の関連情報