章断(読み)しとだち

精選版 日本国語大辞典「章断」の解説

しと‐だち【章断】

〘名〙 葬送の時、死霊が帰ってきて家の中にはいるのを断つために、出棺のあと門戸にしめ縄をひきわたすこと。また、そのしめ縄。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android