門戸(読み)モンコ

デジタル大辞泉の解説

門と戸。家の出入り口。
他と交流し、また外部のものを受け入れるための入り口。「外国に門戸を開く」「一般市民に対しては門戸を閉ざす」
初歩。入門。「哲学の門戸をうかがう」
家。一家。また、一流一派。「門戸を構える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 門と戸。家の出入り口。かどぐち。
※本朝麗藻(1010か)下・早夏陪宴同賦所貴是賢才〈大江以言〉「至夫衣服之須領袖、門戸之資枢鍵」 〔孟子‐尽心・上〕
② 物事の入り口。初歩。入門。
※本朝文粋(1060頃)九・於左監門宗次将亭文聴講令詩序〈大江以言〉「誠乃政教之門戸、理乱之枢機者也」
③ 一家。家。
※本朝文粋(1060頃)一四・為左大臣息女女御四十九日願文〈大江朝綱〉「念一家之子孫、附門戸於其顧」 〔蜀志‐張裔伝〕
④ 自分の流儀。一流一派。
※日本詩史(1771)凡例「余不詭言異説、以建門戸

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

門戸の関連情報