コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端数価格 はすうかかく

大辞林 第三版の解説

はすうかかく【端数価格】

消費者に値引きを印象づけるため、1980円のように端数をつけて設定された価格。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

流通用語辞典の解説

端数価格

スーパーなどの設定価格などによくみられるもので、98円とか990円のように切りのよい値段よりやや低い価格をつけること。消費者に安いという印象を与え、その商品の購入に結びつけようとするものである。しかし、このような価格政策のねらいはすでに消費者も十分知っており、端数価格によって購買を促進することはむずかしくなっている。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

端数価格の関連キーワード心理的価格設定値引き

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android