竹簀掻・竹簀垣(読み)たかすがき

精選版 日本国語大辞典「竹簀掻・竹簀垣」の解説

たか‐すがき【竹簀掻・竹簀垣】

〘名〙
① 竹を編んだ簀子(すのこ)。また、それを敷いた床。たけすがき
※類従本堀河百首(1105‐06頃)恋「山賤葦屋にかけるたかすかきふしにくしとも思ひけるかな〈源俊頼〉」
② 竹で編んだ透垣(すいがい)
※とはずがたり(14C前)五「いとふりて、たかすかきといふ物、したる所のさまも、ならはぬ心ちして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android