コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山賤 ヤマガツ

デジタル大辞泉の解説

やま‐がつ【山×賤】

山仕事を生業とする身分の低い人。きこりや杣人(そまびと)などをいった。やましず。
1の住む家。
「―の垣ほ荒るともをりをりにあはれはかけよ撫子(なでしこ)の露」〈・帚木〉
人をあざけって、また自分を卑下していう語。
「和御房は、無下によそ目も知らぬ―かな」〈十訓抄・七〉

やま‐しず〔‐しづ〕【山×賤】

やまがつ1」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

山賤の関連キーワード月並・月次閉ぢめの事貞常親王玉の緒柳鄙廼一曲軽らか不束

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android