コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

符尾 フビ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐び【符尾】

音符の縦線の部分。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふび【符尾】

音符の尾部。縦の棒の部分。 ↔ 符頭

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の符尾の言及

【音符】より

…符頭には白いもの(全音符と2分音符)と黒いもの(4分音符以下)の2種類がある。全音符は符頭だけから成るが,2分音符以下の音符は符頭の上または下に付けられた符尾(棒)という垂直線をもち,8分音符以下の音符では符尾の末端に鉤(かぎ)(はた)が付けられる(図a)。なお,音符を総称して俗に〈おたまじゃくし〉ともいう。…

※「符尾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

符尾の関連キーワード全音符 [whole note]2分音符 [half note]楽譜印刷音符符頭

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android