筋右衛門(読み)すじえもん

精選版 日本国語大辞典の解説

すじ‐えもん すぢヱモン【筋右衛門】

〘名〙 いい加減なことを言うこと。また、その人。歌舞伎楽屋通言から出て、寛政年間(一七八九‐一八〇一)から文化・文政(一八〇四‐三〇)にかけて上方の花柳界に流行した語。すじ。〔洒落本・虚実柳巷方言(1794)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報