コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花柳界 カリュウカイ

大辞林 第三版の解説

かりゅうかい【花柳界】

芸者・遊女などの社会。遊里。花柳の巷ちまた

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花柳界
かりゅうかい

遊廓(ゆうかく)または三業地とそこに生活する人々の社会をいう。中国で遊廓を花街(かがい)、遊女屋を花柳苑(えん)などと称したものの移入語。花柳を二つに分けて花街、柳巷(りゅうこう)ともいい、近世末期には公娼(こうしょう)の遊廓を花街、私娼街を柳巷と区別したともいうが、明確に使い分けられてはいない。花街、柳巷ともに、さと、色町の別名として寛政(かんせい)(1789~1801)ごろから用いられた。花柳界の名称は明治以後に急増し、そのころ進出した芸者を媒介とする遊所をおもに花柳界といった。花柳小説の多くも芸者社会を描写している。1945年(昭和20)以後はバーやキャバレーを含む歓楽街をさすことがある。なお、「はなまち」は花街を訓読みにした誤用である。[原島陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花柳界の関連キーワード紅灯の巷・紅燈の巷塩竈甚句・塩竃甚句深川(舞踊音楽)粋が身を食う金毘羅船船十日町小唄おてもやん正調博多節秋田船方節為做せ言葉海上花列伝紅灯の巷相撲甚句本荘追分米山甚句折花攀柳隠れんぼ大島節五万石潮来節

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花柳界の関連情報