コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算置き サンオキ

デジタル大辞泉の解説

さん‐おき【算置き】

算木を用いて占うこと。また、その人。易者。
「是へ―が参る。一算置かせうと存ずる」〈虎寛狂・居杭

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんおき【算置き】

算木を使って占うこと。また、それを職とする人。易者。 「安倍の外記といへる世界見通しの-が申せしは/浮世草子・一代男 4

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

算置きの関連キーワード浮世草子手取り物公界者算木

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android