コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算木 サンギ

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぎ【算木】

で、卦(け)を表す四角の。長さ約9センチで、6本あり、おのおの四面のうち二面は爻(こう)を表し、他の二面はを表す。
和算で使う計算用具。長さ約4センチで、約0.5センチ角の木製の棒。赤は正数、黒は負数を表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

占い用語集の解説

算木

で得られた机上に表現するための筮具で、四つの面を持った六本の木片。二面は陽爻、もう二面は陰爻を表す。これを展開していくことによって様々な角度から易の卦を見ていくことが可能となる。種類としては両義算木と四象算木の二種類がある。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぎ【算木 suàn mù】

(1)易占(えきせん)に使う道具。長さ約10cm,幅約2cmくらいの正方柱体。全面黒色の2面は易の陽爻(ようこう)を示し,他の2面の中央には黒地に幅2cm弱の切りこみがあり,朱か黄色に塗られてあって陰爻をあらわしている。6本でひと組。材質はふつうの木だが,黒檀製の上等のものもある。筮竹(ぜいちく)の操作によって出た爻を,下から上へ順次置いてゆくためのもの。古代には1爻を得るごとに地面に爻を描き,6爻(ひとつの卦(か)を成す)が備わると方版に描いて依頼者に示したといい(《儀礼(ぎらい)》士冠礼の疏),朱熹の《筮儀》にも,爻を描くために筆と墨と黄色い漆の板を用意せよとあって算木(中国語の卦子)への言及がないから,算木を使うのは古礼ではなく近世にはじまったことがらであろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんぎ【算木】

易で占いに使う長さ約9センチメートルの正方柱体の木。六本を一組みとする。筮竹ぜいちくを操作して得た卦の形に並べて判断する。
和算で用いる計算用具。木製の小さな角棒。算籌さんちゆう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

算木
さんぎ

算籌」のページをご覧ください。

算木
さんぎ
Suan-mu

卦 (か) 木ともいう。中国や日本で,易によって占いをするときに用いる道具。筮 (ぜい) によって占い出された陰,陽の爻 (こう) を筆記する代りに用いられる長さ 10cmほどの木製の角柱で,角の一面の中央部にをつけておく。溝のない面が陽,溝のある面が陰を表わし,6本で一卦をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の算木の言及

【ゼロ】より

…200年ころにはこのようなあいまいさをなくした記法も利用されるようになったが,それは天文学などの特別の分野のみで一般的ではなかった。 別の例として中国の算木がある。中国では前数百年ころから算木を使って数を表し計算をした。…

【中国数学】より

…次の周代の数学を知る資料は乏しいが,春秋戦国ともなると,四則計算を中心にかなり数学が発達してきたと思われる。漢字による数字表記では,現在のアラビア数字とはちがい,筆算が行えないため,計算には算木(算,籌(ちゆう),策などという)が使用された。大きさや形は一定しないが,竹や木を短く切った棒を格子状に区切った盤に並べて(布算という)数字を表し,計算を行った。…

※「算木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

算木の関連キーワード算崩し・三崩し算木餅・算木餠算木(計算)投げ算・投算算を散らす算木切り西脇利忠算を乱す算を置く占屋算算盤責朱世傑天元術算置き算崩し塩釜投算占算占筮一算

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

算木の関連情報