管路(読み)カンロ

世界大百科事典内の管路の言及

【管】より

…熱媒体はパイプの一端(高温部)で蒸発して他端(低温部)に移り,そこで放熱,凝縮して再び高温部に還流するのであるが,毛細管をこの内部に設ければ,毛細管現象によってこの還流性能を高めることができる。【木原 諄二】
[管路の流れ]
 (1)円管の流れ まっすぐな円管は管路として最も広く使われているので,これを例にとって管路の流れを説明しよう。円管を流れる水,油などの液体や,空気,蒸気などの気体(総称して流体)の量は,体積流量Q(単位時間当りに流れる体積)で表される。…

※「管路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

管路の関連情報