コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篦沢瀉/篦面高 ヘラオモダカ

デジタル大辞泉の解説

へら‐おもだか【×篦沢瀉/×篦面高】

オモダカ科の多年草。沢地や水田に生え、根元から長い柄のあるへら形の葉を多数出す。夏から秋、花茎を伸ばし、枝を総状に出して白い小花を輪生する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

篦沢瀉 (ヘラオモダカ)

学名:Alisma canaliculatum
植物。オモダカ科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android