コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糖蜜税法 とうみつぜいほう Molasses Act

1件 の用語解説(糖蜜税法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうみつぜいほう【糖蜜税法 Molasses Act】

イギリス領西インド諸島サトウキビ農園主保護のため,1733年12月,イギリス議会が制定した法律。同法は外国領から北アメリカ植民地に輸入される砂糖112ポンドにつき5シリング,糖みつ1ガロンにつき6ペンス,ラム酒1ガロンにつき9ペンスの禁止的高関税を課した。これに対してアメリカ植民地人は外国領産の安いこれらの品を密輸入し,砂糖と糖みつをラム酒に加工し,インディアンとの毛皮取引や奴隷貿易に用い,その利益で本国製造品を輸入した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

糖蜜税法の関連キーワードシェトランド諸島ジャージー島小アンティル諸島大アンティル諸島西インド諸島フォークランド諸島ケイマンゴルフゼットランド諸島ブリムストーン-ヒル要塞国立公園

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone