コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸の節 いとのふし

1件 の用語解説(糸の節の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糸の節
いとのふし

地歌歌本。享保 (1716~36) 期以後の京都系の歌本を代表する。寛延4 (51) 年に『琴線和歌の糸』と題して,松川勾当 (のちの京都系の津山検校) らの編集で『松の葉』を模して半紙判5冊が刊行されたことに始り,宝暦7 (57) 年には『新曲糸の節』と題し,横本体裁となり,天保7 (1836) 年には『新増大成糸の節』と題する枕本体裁の2冊本となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糸の節の関連キーワード深草検校峰崎勾当地歌舞恵実傘車大明京(3代)滕永孚利国歳長(山城守系・3代)無南

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

糸の節の関連情報