コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津山検校 つやまけんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津山検校 つやまけんぎょう

?-? 江戸時代中期の地歌三味線家。
京都の人。宝暦5年(1755)検校となる。「琴線和歌の糸」「新曲糸の節」の編集にくわわる。名は富一。前名は松川勾当(こうとう)。のち野崎きき一。代表作に「神楽」「七草」「紅葉尽し」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つやまけんぎょう【津山検校】

地歌・箏曲家。京都と大坂で異なり,大坂では5世まである。京都の津山は,富一。松川勾当を経て,1755年(宝暦5)検校に登官。のちに野崎きき一と改名。《琴線和歌の糸》《新曲糸の節》などを編集。長歌《紅葉尽し》,端歌《神楽》などを作曲。《八段》の三弦も手付けている。 大坂の初世津山(?‐1836(天保7))は,慶之一または虎一。豊賀四度,中川勾当を経て,1795年(寛政7)検校となる。野川流長歌五十番の制度を定め,撥(ばち)の改良も行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津山検校
つやまけんぎょう
(?―1836)

生田(いくた)流箏曲(そうきょく)および地歌(じうた)の演奏家、作曲家。初世。都名(いちな)慶之一。豊賀(とよが)史導(四度)、中川勾当(こうとう)を経て、1795年(寛政7)検校となる。大坂で三弦の名手として名高く、野川流長歌(ながうた)五十番の制度を定め、小ぶりの京撥(きょうばち)を大きく改良した。これは現在、津山撥の名で愛用されている。また、上方唄(かみがたうた)の節に独特な味を加え、その歌い方は津山節といわれた。代表作は『玉鬘(たまかずら)』『江戸土産(みやげ)』など。2世(1798―1853)は『道中双六(どうちゅうすごろく)』の作曲で知られる。5世(1861―1917)は1871年(明治4)に当道職屋敷が廃止されたため、検校官にはならず、この代をもって大坂の津山の芸系は絶えた。
 なお、津山検校の名は京都にもあった。この津山検校(生没年不詳)は都名を富一といい、松川勾当を経て、1755年(宝暦5)検校となり、のちに野崎きき一と改名した。『琴線和歌の糸』『新曲糸の節』などを編集。代表作に端歌(はうた)『神楽(かぐら)』、長歌『大和文(やまとぶみ)』『紅葉(もみじ)づくし』などがある。[平山けい子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の津山検校の言及

【地歌】より

…〈長歌〉は作曲者も明示され,作詞者には井原西鶴,山岡元隣など名ある文人も多い。大坂では野川検校以降新作が盛んで,天明期(1781‐89)には100曲以上を数えたが,のちに津山検校が長歌五十番の定めを設けてからは,新作はやみ,伝承本位となった。現在では20曲余しか伝わっていない。…

※「津山検校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

津山検校の関連キーワード津山検校(5代目)中川検校(初代)中川検校(4代)津山検校(初代)津山検校(3世)津山検校[京都]中川検校(3代)津山検校(3代)津山(5代目)津山(5代)津山春寿一豊賀検校徳永徳寿川瀬里子津山撥アタリ地歌黒髪中筋