コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸入り イトイリ

デジタル大辞泉の解説

いと‐いり【糸入り】

絹糸を木綿糸の中にまぜて織った織物。縞・絣(かすり)の部分に絹糸を用いることが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いといり【糸入り】

〔絹糸入りの意〕
木綿糸に絹糸を交ぜて織った織物。多く、縞・かすりの部分に絹糸を用いる。 「 -双子ふたこ」 「 -縞じま

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

糸入りの関連キーワードジュストコール区限刺しゅう糸入り双子糸入り紬糸入り縞桟留縞モール御本手高島縮平織

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android