木綿糸(読み)もめんいと

精選版 日本国語大辞典「木綿糸」の解説

もめん‐いと【木綿糸】

〘名〙 綿花をつむいで作った。また、それを数本より合わせて縫糸としたもの。綿糸。木綿。
※申合連判帳‐天保九年(1838)八月(古事類苑・産業一七)「右織物に相用候木綿絲売買渡世にて近在不申及
※鱸とおこぜ(1952)〈阿川弘之〉「それぞれ白い木綿糸が結びつけてある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「木綿糸」の解説

もめん‐いと【木綿糸】

綿花を紡いで作った糸。また、それをより合わせて作った縫い糸。綿糸めんし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android