木綿糸(読み)モメンイト

大辞林 第三版の解説

もめんいと【木綿糸】

木綿を紡いで作った糸。また、それをより合わせて作った縫い糸。綿糸めんし。カタン糸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もめん‐いと【木綿糸】

〘名〙 綿花をつむいで作った糸。また、それを数本より合わせて縫糸としたもの。綿糸。木綿
※申合連判帳‐天保九年(1838)八月(古事類苑・産業一七)「右織物に相用候木綿絲売買渡世にて近在不申及
※鱸とおこぜ(1952)〈阿川弘之〉「それぞれ白い木綿糸が結びつけてある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木綿糸の関連情報