絹糸(読み)きぬいと

デジタル大辞泉の解説

きぬ‐いと【絹糸】

蚕のからとった糸。生糸・練糸などがあり、ふつう練糸をいう。けんし

けん‐し【絹糸】

きぬいと。「人造絹糸
生糸を精練して撚糸(ねんし)にしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きぬ‐いと【絹糸】

〘名〙
の繭からとった糸。蚕の繭を乾燥してから煮て、それからひき出してとる。生糸、練り糸などがある。けんし。
※大かうさまくんきのうち(1605頃)「うり物には、〈略〉きぬいと、そめいと、あさのいと、あせのごい、てのごい」

けん‐し【絹糸】

〘名〙 蚕の繭からとった糸。生糸(きいと)。また、それを精練して、縒糸(よりいと)にしたもの。きぬいと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絹糸の関連情報