絹糸(読み)キヌイト

  • けんし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 蚕の繭からとった糸。蚕の繭を乾燥してから煮て、それからひき出してとる。生糸、練り糸などがある。けんし。
※大かうさまくんきのうち(1605頃)「うり物には、〈略〉きぬいと、そめいと、あさのいと、あせのごい、てのごい」
〘名〙 蚕の繭からとった糸。生糸(きいと)。また、それを精練して、縒糸(よりいと)にしたもの。きぬいと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絹糸の関連情報