絹糸(読み)キヌイト

  • けんし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 蚕の繭からとった糸。蚕の繭を乾燥してから煮て、それからひき出してとる。生糸、練り糸などがある。けんし。
※大かうさまくんきのうち(1605頃)「うり物には、〈略〉きぬいと、そめいと、あさのいと、あせのごい、てのごい」
〘名〙 蚕の繭からとった糸。生糸(きいと)。また、それを精練して、縒糸(よりいと)にしたもの。きぬいと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絹糸の関連情報