コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸操り人形 いとあやつりにんぎょう

日本文化いろは事典の解説

糸操り人形

上から垂らした十数本の糸と手板〔ていた〕という道具で人形をあやつる芸の事です。江戸で生まれた糸あやつり人形と、大阪へ独立した竹田人形があります。ここでは江戸糸あやつり人形について説明します。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

世界大百科事典内の糸操り人形の言及

【人形】より

…指遣人形は東日本にみられ,千葉県下の帛紗(ふくさ)人形,埼玉県下の手人形,岩手県下の水押人形などは,ながく残った。(c)糸操り人形は,人形に多くの糸をつけ,人形遣がその糸を操って,語り物にあわせて人形に芝居をさせる。これには芝居小屋で演ずる大がかりな操りのほかに,簡略な糸仕掛けの人形を宴席の余興に操ってみせる座敷芸もあった。…

※「糸操り人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

糸操り人形の関連キーワード竹田扇之助記念国際糸操り人形館結城 孫三郎(10代目)瀬戸内市邑久郷土資料館結城孫三郎(10世)結城孫三郎(9世)ヨクティ・ポエーマリオネットビルマ舞踊竹田喜之助竹田扇之助結城孫三郎操り人形人形劇結城座

糸操り人形の関連情報