コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀馬主 きの うまぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀馬主 きの-うまぬし

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)4年(732)遣唐判官に任命され,5年大使多治比広成(たじひの-ひろなり)らとともに渡海したが,唐(中国)で客死。おなじく唐で没した判官田口養年富(やねほ)とともに,8年従五位下をおくられ,その100年後の承和(じょうわ)3年慰霊のため従五位上を追贈された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

紀馬主

生年:生没年不詳
奈良時代官人天平4(732)年8月正六位上で遣唐判官に任命された。時の遣唐大使は多治比広成。5年4月難波津(大阪市)から出発して入唐。唐で客死したらしい。『続日本後紀』によれば承和3(836)年5月,遣唐使,留学生らで唐で客死した者8人に位記が贈られている。馬主もそのひとりで,このとき従五位上を追贈された。

(寺崎保広)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

紀馬主の関連キーワード生年官吏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android