承和(読み)ジョウワ

日本の元号がわかる事典の解説

しょうわ【承和】

⇒承和(じょうわ)

じょうわ【承和】

日本の元号(年号)。平安時代の834年から848年まで、仁明(にんみょう)天皇の代の元号。前元号は天長(てんちょう)。次元号は嘉祥(かしょう)。834年(天長11)1月3日改元。仁明天皇の即位にともない行われた(代始改元)。842年(承和9)に「承和の変」と呼ばれる大きな政変が起こった。840年(承和7)の淳和(じゅんな)上皇に続き、842年(承和9)に、院政を敷いて朝廷の実権を握っていた嵯峨(さが)上皇が崩御すると、仁明天皇は皇太子の恒貞(つねさだ)親王(淳和の皇子)を支持する伴健岑(とものこわみね)や橘逸勢(たちばなのはやなり)らを逮捕して左遷・流罪とし、恒貞親王を廃太子して、道康(みちやす)親王(後の文徳(もんとく)天皇)を改めて立太子した。嵯峨の院政下、急速に台頭した藤原良房(よしふさ)は、妹の順子(じゅんし)を仁明天皇の中宮とし、順子は仁明との間に道康親王を設けていた。良房は道康親王の皇位継承を強く望んだといわれ、危機感を抱いた恒貞親王(皇太子)支持派は、皇太子を東国へ移すことを策したが発覚し阻止された。良房は、この政変をきっかけに昇進を重ね、やがて人臣初の太政大臣・摂政となる。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

承和の関連情報