コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅の木 ベニノキ

デジタル大辞泉の解説

べに‐の‐き【紅の木】

ベニノキ科の半落葉性の小高木。樹皮赤褐色。葉は大形の心臓形で、強光を避けて回転する性質がある。秋に紅色白色の5弁花をつけ、実は三角状で刺が密生し、中に種子が数十個入っている。赤い仮種皮からとれる食用染料はアナトーという。西インド諸島原産で、熱帯地方で栽培される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

紅の木の関連キーワード杖鼓

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅の木の関連情報