紅の木(読み)ベニノキ

デジタル大辞泉の解説

べに‐の‐き【紅の木】

ベニノキ科の半落葉性の小高木。樹皮赤褐色。葉は大形の心臓形で、強光を避けて回転する性質がある。秋に紅色白色の5弁花をつけ、実は三角状で刺が密生し、中に種子が数十個入っている。赤い仮種皮からとれる食用染料はアナトーという。西インド諸島原産で、熱帯地方で栽培される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android