コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮種皮 カシュヒ

大辞林 第三版の解説

かしゅひ【仮種皮】

花の珠柄または胎座の一部が肥大して、種皮の外側をおおい、種皮のようにみえるもの。マサキ・イチイにみられる赤色の部分。種衣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仮種皮の関連キーワードコヤスノキ(子安の木)ニクズク(肉豆く)リュウガン(竜眼)ニクズク(肉荳蔲)カヤ(イチイ科)ニシキギ(錦木)ザクロ(石榴)レイシ(茘枝)イチイ(一位)マサキ(柾)ランブータンエンレイソウイワウメヅルマンゴスチンイヌガヤ科リュウガンキャラボクニシキギ科ミョウガオニバス

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android