コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅花摘み唄

2件 の用語解説(紅花摘み唄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

紅花摘み唄

山形県山形市の新民謡。1916年発表。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

べにばなつみうた【紅花摘み唄】

山形県山形市の新民謡で、酒盛り唄。1916年(大正5)山形市で共進会が行われた際、余興の常磐津「阿古屋姫」のために作ったもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅花摘み唄の関連キーワード山形県山形市大手町山形県山形市霞城町山形県山形市神尾山形県山形市城南町山形県山形市辻山形県山形市十日町山形県山形市銅町山形県山形市旅篭町山形県山形市緑町山形県山形市門伝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone