コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙ガッパ カミガッパ

大辞林 第三版の解説

かみガッパ【紙ガッパ】

防水のために桐油や荏油えのあぶらを塗った和紙で作ったカッパ。江戸時代、武家の中間や庶民が雨具とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紙ガッパの関連キーワード桐油紙防水武家桐油和紙