コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庶民 ショミン

デジタル大辞泉の解説

しょ‐みん【庶民】

世間一般の人々。特別な地位・財産などのない普通の人々。「庶民の文化」「庶民の暮らし」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょみん【庶民】

一般の民衆を指す。〈庶〉はもろもろの意で,衆庶,百姓(ひやくせい)も庶民と同義である。庶民は,市民や人民が歴史的規定のもとにみずから政治性や階級性を意識している存在とは異なる。また,産業社会にあって非組織的な存在としての大衆や,民俗学で用いられる伝統的な生活様式,固有文化を保持する人びとを指す常民common peopleとも異なる。すなわち,〈庶民とは伝統的価値意識のなかに埋没している人びと〉(日高六郎)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょみん【庶民】

一般の市民。社会的特権をもたないもろもろの人。
貴族や武士に対して、一般の人々。平民。庶人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の庶民の言及

【身分制社会】より

…ただ,イギリスにおいては,かなり早くから下級貴族たる騎士身分が,軍役代納金制の普及や傭兵使用の開始により,戦士の機能を失って地主化の道を歩んだため,ジェントリーという独特な名望家階層が形成された。しかもこのジェントリーは,生業のうえでも,血縁関係からも,都市の市民と密接なつながりをもつようになったので,イギリス議会の下院はジェントリーと市民の代表を合わせた〈庶民Commons〉から構成され,このことは,フランスやドイツ諸邦などに比して,イギリスの身分制社会がかなり流動的な性格をもっていたことを示している。
[身分制と支配]
 〈身分〉というものを,法制上の身分に限定せず,経済的見地より規定される〈階級〉と対置して広く考察するならば,身分制社会の特徴は,マルクス主義史家のいわゆる〈経済外強制〉のシステムに求められる。…

※「庶民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

庶民の関連キーワード財布の紐が堅い民芸品・民藝品デュザック御上さんポッシュ溝板政治紙ガッパ屹度𠮟りフォーク簡易食堂大衆食堂大衆酒場名字御免熊公八公市井の臣市井の人三光尉庶民的物価高御触書

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庶民の関連情報