コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐油紙 トウユガミ

大辞林 第三版の解説

とうゆがみ【桐油紙】

美濃みの紙に桐油や荏油えのあぶらを塗った紙。防水性があり、カッパや包装用にする。合羽紙。油紙。桐油。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桐油紙
とうゆがみ

厚手の和紙にアブラギリの実の油を塗った耐水紙。桐油(きりゆ)のかわりに荏胡麻(えごま)油(荏油(えのあぶら))や、ときにはあまに油も用いられた。これらの油は、各種の乾性油を含み、乾燥して耐湿性の皮膜をつくるので、江戸時代には合羽(かっぱ)、包み紙、雨傘用などに広く使われた。『日葡(にっぽ)辞書』(1603)に桐油が採録されていることから、室町時代には桐油紙もすでにつくられていたと考えられる。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の桐油紙の言及

【油紙】より

…桐油(とうゆ)紙ともいい,西の内紙,美濃紙など厚手の純日本紙に,まずカキ渋を塗って乾燥し,その上に桐油または荏油(えのあぶら)を何回も塗って乾燥したじょうぶな防水紙。これを表にして裏に薄布を合わせた防水衣を桐油合羽(とうゆがつぱ)と名づけて古くから外出着に用い,ただ厚紙のみのものは油単(ゆたん)と呼ばれて荷物の雨覆いに用い,雨傘には必ず用いられた。…

※「桐油紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桐油紙の関連キーワード坊主ガッパ桐油ガッパ赤ガッパカッパ版紙ガッパ合羽摺雨具豆蔵油紙

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android