コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙蚊帳釣 かみがやつり

大辞林 第三版の解説

かみがやつり【紙蚊帳釣】

カヤツリグサ科の多年草。東ヨーロッパ・アフリカの沼地に自生。観賞用に栽培される。葉は鱗片状に退化して小さく、茎は三角柱状で高さ約2メートル。茎頂に多数の小枝を扇状に広げ、先端付近に淡褐色の小穂をつける。古代エジプトでこの茎から紙を作った。パピルス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

紙蚊帳釣の関連キーワードカヤツリグサ科パピルス淡褐色多年草小枝自生沼地扇状小穂

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android