コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細土 サイド

デジタル大辞泉の解説

さい‐ど【細土】

農業で、直径2ミリ以下の土粒。さらに粘土に分類する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいど【細土】

直径2ミリメートル 未満の粒子からなる土壌。すなわち、礫れきを含まない土。砂や粒土からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の細土の言及

【土壌】より


[粒径区分]
 礫,砂,シルト,粘土の4区分のそれぞれの粒径範囲は,国によって必ずしも一定ではないが,日本では国際土壌学会法が広く使われている(表1)。礫を除いた全区分を細土といい,土壌の理化学分析は通常この細土について行う。
[土性]
 礫を除いた土壌粒子の粒径組成を示す土性を決定するには,砂,シルト,粘土のパーセント組成を定量し,その結果を三角図表にかける。…

※「細土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

細土の関連キーワードグライ層近代社会農民運動特徴層位土壌統土石流腐植土農業抗租埴土未満土壌粒子砂土壌土土性

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android