組入れ(読み)クミイレ

デジタル大辞泉「組入れ」の解説

くみ‐いれ【組(み)入れ】

組み入れること。
順に重ねて中に入れられるような仕組みに作られていること。また、そのもの。いれこ。「組み入れの重箱」
神前の供物などを盛る白木製の角盆。三つをひと組に、いれこに作る。
組み入れ天井」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の組入れの言及

【天井】より

… 平安前期までの天井は組入天井か化粧屋根裏で,組入天井が正式であった。このため平安時代には天井を単に〈組入れ〉といっている。10cm角の細かい格子を組んだ天井である。…

※「組入れ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android