コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組(み)入れ クミイレ

デジタル大辞泉の解説

くみ‐いれ【組(み)入れ】

組み入れること。
順に重ねて中に入れられるような仕組みに作られていること。また、そのもの。いれこ。「組み入れの重箱」
神前の供物などを盛る白木製の角盆。三つをひと組に、いれこに作る。
組み入れ天井」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の組(み)入れの言及

【天井】より

… 平安前期までの天井は組入天井か化粧屋根裏で,組入天井が正式であった。このため平安時代には天井を単に〈組入れ〉といっている。10cm角の細かい格子を組んだ天井である。…

※「組(み)入れ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

組(み)入れの関連キーワードハーグ・ヨーロッパ会議パブリック・スクール法日経平均ノックイン債ナンハイ(南海)諸島ころがり軸受ユニットフランス伝統青年画家キネティック・アートヨンシン(永興)島オープン型投資信託ノモスとフュシスラナオデルスル州カントリーリスクタマチ(探馬赤)キリスト教音楽金利変動リスク価格変動リスク株価変動リスク公社債投資信託アクティブ運用株式投資信託

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android