コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組帯 クミオビ

デジタル大辞泉の解説

くみ‐おび【組帯】

古代、男子が礼服(らいふく)に用いた帯。より糸を平らに組み、先に総(ふさ)をつけたもの。
糸を組んで作ったひも状の。近世初期に流行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くみおび【組帯】

古代、男子が用いた礼服の帯。色糸を平らに組み、先に総ふさをつけた細長いもの。
糸を組んで作った組紐くみひもの帯。江戸初期に流行したが、帯の発達とともに次第に使われなくなった。うちおび。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

組帯の関連キーワード小糸佐七物名護屋帯ふさ礼服色糸

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android