男子(読み)なんし

精選版 日本国語大辞典 「男子」の意味・読み・例文・類語

なん‐し【男子】

〘名〙 (「なん」は「男」の呉音)
① おとこの子ども。むすこ。だんし。なんしこ。
私聚百因縁集(1257)六「唯男子(ナンシ)一人あり 僕子と云」
② おとこ。男性。だんし。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)五「竜女の、忽然のあひだに、変して男子(ナンシ)(〈注〉ヲノコ)となりて」

だん‐し【男子】

〘名〙
① おとこのこ。むすこ。男児。なんし。
今昔(1120頃か)一「我が子に只一人の男子有り」 〔礼記‐雑記上〕
② おとこ。男性。また、立派な男。ますらお。男児。〔新撰字解(1872)〕 〔礼記‐喪大記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「男子」の意味・読み・例文・類語

だん‐し【男子】

男の子。男児。⇔女子
男性。おとこ。また、一人前のおとこ。「男子本懐」⇔女子
[類語](1男の子男児少年ボーイ/(2男性男児野郎おのこ壮丁そうてい壮夫ますらお丈夫じょうふ紳士殿方ジェントルマン

なん‐し【男子】

だんし(男子)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「男子」の読み・字形・画数・意味

【男子】だんし

おとこ。〔礼記、喪大記〕疾(やまひ)(へい)なるとき~(くわう)(綿)を屬(つ)けて以て氣を俟(ま)つ。男子は人の手に死せず、人は男子の手に死せず。

字通「男」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android