コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経制銭 けいせいせん jing-zhi-qian; ching-chih-ch`ien

1件 の用語解説(経制銭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経制銭
けいせいせん
jing-zhi-qian; ching-chih-ch`ien

中国,南宋の国家歳入項目の一つ。諸種の税収入の徴税率を引上げ,増徴分をまとめて経制銭といった。建炎2 (1128) 年から行われ,主として軍事費にあてられた。初め権添酒銭,量添売糟銭 (以上酒専売の増収) ,官員等請給頭子銭 (役人の給与天引き) ,増添田宅牙税銭 (不動産取引時の牙税の増収) ,楼店務増添三分房銭 (官営建造物賃貸料の増収) の5種から成っていたが,のち諸路無額銭,鈔旁定帖銭 (証書用紙の売上げ収入) が加わり7種となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経制銭の関連キーワード南曲南人老化防止剤件名項目国家機関朱陸歳入債王朝国家名古屋ターゲット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone