コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結び松 ムスビマツ

2件 の用語解説(結び松の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むすび‐まつ【結び松】

行路の無事を祈ったり誓いを立てたりしたしるしに、松の小枝を結ぶこと。また、その松。
「磐代(いはしろ)の野中に立てる―心も解けず古(いにしへ)思ほゆ」〈・一四四〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の結び松の言及

【南部[町]】より

…太平洋に注ぐ南部川の河口部に位置し,流域に平地が広がる。西部海岸沿いの岩代(いわしろ)は,謀反の罪で捕らえられた有間皇子が〈磐代(いわしろ)の浜松が枝を引き結び……〉(《万葉集》巻二)と詠んだ地で,そのゆかりの〈結び松〉が植えつがれている。南部川下流域一帯には平安末期から中世にかけて南部荘があった。…

※「結び松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone