コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結び松 ムスビマツ

デジタル大辞泉の解説

むすび‐まつ【結び松】

行路の無事を祈ったり誓いを立てたりしたしるしに、松の小枝を結ぶこと。また、その松。
「磐代(いはしろ)の野中に立てる―心も解けず古(いにしへ)思ほゆ」〈・一四四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むすびまつ【結び松】

契りを結んだり幸福を願うため、しるしとして結ぶ松の小枝。 「磐代の野中に立てる-心も解けず古いにしえ思ほゆ/万葉集 144

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の結び松の言及

【南部[町]】より

…太平洋に注ぐ南部川の河口部に位置し,流域に平地が広がる。西部海岸沿いの岩代(いわしろ)は,謀反の罪で捕らえられた有間皇子が〈磐代(いわしろ)の浜松が枝を引き結び……〉(《万葉集》巻二)と詠んだ地で,そのゆかりの〈結び松〉が植えつがれている。南部川下流域一帯には平安末期から中世にかけて南部荘があった。…

※「結び松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

結び松の関連キーワード岩代(和歌山県)南部[町]岩代・磐代有間皇子涙の糸行路契り

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android