行路(読み)こうろ

精選版 日本国語大辞典「行路」の解説

こう‐ろ カウ‥【行路】

〘名〙
① 道を行くこと。旅行、または通行。
※続日本紀‐養老三年(719)一〇月辛丑「衛士以充行路防禦
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)三「予多年東海道に遊歴し、其行路(コウロ)中山川の佳境勝景なるを仮書(かりがき)して」
② 人として生きていく道。生活していくこと。世渡り。よすぎ。
※足利本論語抄(16C)述而第七「平生正行路するが祈る者を今謟鬼神祈ん乎と云也」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「もし其男が私の生活の行路(カウロ)を横切らなかったならば」
③ 「こうろ(行路)の人」の略。
※六如庵鈔‐二編(1797)五・暮春与伴蒿蹊春蘭洲遊兎道「歩歩淂句相嘲謔、拊掌或使行路驚」 〔潜夫論‐明忠〕
④ 行く道。道すじ。道路
※太平記(14C後)一〇「(かばね)は行路(カウロ)に横て累々たる郊原の如し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「行路」の解説

こう‐ろ〔カウ‐〕【行路】

道を行くこと。また、旅行をすること。
行く道。道すじ。「行路の変更を余儀なくされる」
生きていく道すじ。世渡りの道。世路せろ。「人生行路
[類語]生活生計活計糊口ここう口過ぎ身過ぎ世過ぎ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「行路」の解説

【行路】こう(かう)ろ

道路。また、道路の人。・張謂〔長安主人のに題す〕詩 縱令(たとひ)然して、暫く相ひ許すとも (つひ)にれ、悠悠行路の心

字通「行」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android