コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結び灯台 ムスビトウダイ

デジタル大辞泉の解説

むすび‐とうだい【結び灯台】

3本の丸棒をひもで結び、上下を開いて立て、上に油皿を置いて火をともすもの。宮中での夜間公事などに際して用いられた。竹の灯火(ともしび)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

結び灯台の関連キーワードドウダンツツジ灯台背く灯火

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android