コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮中 キュウチュウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ちゅう【宮中】

宮殿の中。特に、天皇の居所。禁中。禁裏。
神社の境内

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうちゅう【宮中】

語句の意は宮城内のことで,宮廷とか〈畏(かしこ)き辺(あた)り〉とかと同じ意味に使われる。しかし,歴史的には府中(国家の政治)に対する語として問題とされる。すなわち,近代的な立憲君主制の原則としては,宮中(君主の宮廷事務)と府中(国政)とは分離し,国政についての責任機関が確立していなければならない。 ところが,明治初年以降の太政官制では,天皇親政の名のもとに,太政大臣左大臣右大臣参議,卿などは,すべて天皇の家臣(朝臣)としての色彩が強く,実際に公家出身者がその職につくことも多かったから,宮廷事務と国政事務との区別は明確でなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうちゅう【宮中】

宮殿の中。特に皇居の中。禁中。
神社の境内。

くじゅう【宮中】

禁裏。禁中。きゅうちゅう。 「 -などにて、かやうなる秋の月に/源氏 椎本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

宮中の関連キーワードほんに うらうら殿上の仙籍禁廷・禁庭日野西資博禁苑・禁園御前披講小舎人所日の宮人内裏上﨟畏き辺り雲の上御所侍錦鶏障歌御会茶染師曹司町大内方才の男観音供北辰祭

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮中の関連情報