コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

給仕口(読み)キュウジグチ

大辞林 第三版の解説

きゅうじぐち【給仕口】

給仕の人が出入りする口。
茶室で、給仕人が出入りする口。火灯かとう口が多い。通い口。禿かむろ口。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の給仕口の言及

【茶室】より

…入口を二つ設ければ露地の苑路も2ヵ所の踏石に連なるわけで,建物と庭の景趣も豊かになる。 亭主側の出入口としては点前のために出入りする茶道口と給仕のための給仕口がある。茶道口だけで給仕口を必要としない間取りもあれば,給仕口を付けなければ使えない間取りもある。…

※「給仕口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android