点茶(読み)てんちゃ

精選版 日本国語大辞典「点茶」の解説

てん‐ちゃ【点茶】

抹茶をたてること。をたてること。また、その茶。煎茶(せんちゃ)に対していう。てんさ。
※参天台五台山記(1072‐73)一「於廊可由有命」 〔茶録〕

てん‐さ【点茶】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「点茶」の解説

点茶
てんちゃ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
寛文2(江戸・勘三郎座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android