コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練りくり ねりくり

1件 の用語解説(練りくりの意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ねりくり【練りくり】


宮崎の郷土菓子で、さつまいもともちを蒸してあるいはゆでてやわらかくしてからすりつぶして練り、だんごにしたもの。これにきな粉をまぶしたり、あんをいれたりして食べる。◇「ねりくり」はつき混ぜること。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

練りくりの関連キーワード芋餡蒸かし芋薩摩芋飴紫薩摩芋うまいものはうまい。海童2000純芋chachacha さつまいもチップスくず餅豆打餅炒粉餅/煎粉餅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone