コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きな粉

栄養・生化学辞典の解説

きな粉

 ダイズを煎って粉砕した製品.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

きな粉
きなこ

大豆を炒(い)って粉末にした食品。荒砕きして皮を除き、さらに粉砕するが、皮を除かないこともある。黄色系の大豆を原料とした黄色のきな粉と、緑色系の大豆を用いた淡緑色の青きな粉がある。タンパク質、脂質、ビタミンB1、B2に富む栄養食品である。大豆は畑の肉ともよばれ良質のタンパク質を含むが、消化はよくない。しかし、きな粉のように粉末にすると、煮豆、いり豆など粒食に比べてかなり消化がよくなる。このまま、ご飯にかけて食べるほか、砂糖を加えて、安倍川餅(あべかわもち)やおはぎ、団子類にまぶしたり、洲浜(すはま)など和菓子の原料に用いられる。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

きな粉の関連キーワード贅沢仕立ての黒みつきなこ飴ひちゃん牧場たから豚元祖植田のあんこ玉豆乳のウエハース飛騨のかたりべもちもちきなこすはまだんごビタミンBきなこだま二軒茶屋餅桔梗信玄餅河野友美赤坂もちきなこ棒光ふく餅犬山厳骨つのんぼ筑紫もちやせうま吉原殿中

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きな粉の関連情報