コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繰(り)出し クリダシ

デジタル大辞泉の解説

くり‐だし【繰(り)出し】

繰り出すこと。また、繰り出す仕組みに作ってあるもの。「繰り出しの釣り竿(ざお)」
遊女が娼家(しょうか)から揚屋まで道中すること。
「衣装は当風三つ重ね、道中は―の浮き歩み」〈浄・吉野忠信〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

繰(り)出しの関連キーワードシャープペンシルシャープ(株)ウィンドラスアーク溶接ゴマフダマ中世演劇播種機測深機磯物娼家

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android