コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置き柄杓 オキビシャク

デジタル大辞泉の解説

おき‐びしゃく【置き×杓】

茶の湯の風炉点前で、湯をくみ出したあとの柄杓の置き方の一。柄の上から親指、下からその他の指をそろえて持って置く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おきびしゃく【置き柄杓】

茶道で、柄杓の扱い方の一。風炉ふろで釜に柄杓を置く際、親指を上、人差し指を下にして柄の節より少し下がった所を持って置く置き方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

置き柄杓の関連キーワード切り柄杓茶の湯

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android