コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柄杓 ひしゃく

5件 の用語解説(柄杓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柄杓
ひしゃく

水や油などの液体を汲む道具。昔,ひさごを2つに割って使ったために,それが転訛した呼称という。木やタケ,金属でつくった筒状,椀状の容器に柄をつけたもの。古くはタケの節を残して切ったもの,木の幹の瘤をくりぬいたものが使われ,のちにヒノキ,スギの曲げ物に柄をつけたり,たが締めの桶に柄をつけて漆塗りしたものなどがあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひさく【×杓/×杓】

《「ひさご(瓠)」の音変化》「ひしゃく(柄杓)」に同じ。
「同じ―して、白き御かゆ一をけ」〈宇津保・蔵開上〉

ひしゃく【×杓/×杓】

《「ひさご(瓠)」の音変化。漢字は当て字》湯や水などをくむ道具。竹・木・金属などで作った筒または椀(わん)状の容器に柄をつけたもの。ひさく。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ひしゃく【柄杓/杓】

水や湯をくみ出すのに用いる器具。木製・竹製・金属製などがあり、円筒形や椀形の容器に長い柄がついている。◇ひょうたんなどの実をくり抜いて作った容器「瓢(ひさご)」が変化した語。

出典|講談社
食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柄杓
ひしゃく

水など液体をくむ道具。木、タケ、金属でつくった筒または椀(わん)状の容器に柄(え)をつけたもの。これをヒシャクとよぶのは、古く水など液体をくむのに、ヒサゴを二つに割って使ったので、ヒサゴの名から転訛(てんか)したという。古くはタケの節を残して切ったものや、木幹のこぶをくりぬいたものに柄をつけて使ったが、中世にはヒノキ、スギの曲物(まげもの)に柄をつけ、近世にはたが締めの桶(おけ)に柄をつけ漆(うるし)を塗ったものも行われた。なお、柄杓の大きさは用途によってさまざまで、酒造その他工業用や農村の施肥用は大形、馬飼用、散水用、台所用は中形で、茶の湯の柄杓は小形である。このように柄杓は、日常生活に必要な水など分配する道具としてたいせつであったが、中空の容器には神霊が宿るという信仰が古くからあったので、柄杓を神社に奉納し、安産・眼病平癒の祈願とすることや、海の亡霊を鎮めるために底を抜いた柄杓を海に投ずることなど、柄杓に関する俗信・習俗が少なくない。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柄杓の関連情報