コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置(き)千木 オキチギ

1件 の用語解説(置(き)千木の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おき‐ちぎ【置(き)千木】

神社建築で、大棟に置かれる形式の千木。→千木

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の置(き)千木の言及

【千木】より

…千木は古墳時代の家形埴輪や家屋文鏡にのこされた豪族の住宅,各時代の神社建築にみられ,現在では神社建築を象徴する一つの要素となっている。ただ,現在も伊勢神宮仁科神明宮では,破風板を上までのばして千木としているが,他の多くの神社では破風板や垂木とはまったく別の交叉した材を大棟の上に置き,いわゆる置(おき)千木としている。千木の先端のそぎ方は伊勢内宮正殿では水平,外宮正殿では垂直にしている。…

※「置(き)千木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone